2018年2月21日水曜日

アイ・アールジャパンホールディングスの追加購入と『マネーの代理人たち』

「今の日本株はミュージック・チェアー(椅子取りゲーム)だ」。
 椅子取りゲームの音楽が流れている間は皆が躍っているから、一緒に踊らないといけない。でもその音楽はいつかは止まるし、止まることを皆が知っていて踊っている。

小出・フィッシャー・美奈 『マネーの代理人たち』ディスカバー携書、上記はアベノミクスの日本株式買い相場での、あるファンドマネジャーの言葉。

『いざ・波』ファンド内のポジション調整のため、鎌倉新書(6184)を100株売却し、それを原資にアイ・アールジャパンホールディングス(6035)を100株購入しました。


2017年12月16日土曜日

影響を受けた書籍 Part IIと「いざ・波」新規組み入れ銘柄

 世の中では、あらゆる場所で「非常に些細だけれど、関係者にとっては決定的な問題」がしょっちゅう起こっています。そして、それを責任を持って処理している人が、どこかに存在しているのです。
 それなら、大雑把な「テーマ」ではなく、現場レベルで問題を処理し、付加価値を生んでいる企業にこそ、注目すべきではないかと思うのです。

苦瓜達郎『ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること』幻冬舎新書

じつは『影響を受けた書籍 Part II』と題して、片山晃氏・小松原周氏の『勝つ投資 負けない投資』(クロスメディア・パブリッシング)を取り上げる構想があったのですが、すっかりさぼっています。